首元飾るネックレス

マストジュエリー、ネックレスの歴史

現代のジュエリーショップには、さまざまなネックレスが飾ってあります。ネックレスはジュエリーの代表だと言っても良いでしょう。
しかしもともとは、現在のように身を飾るアクセサリーとして生まれたものではありませんでした。首輪は驚くほど昔から存在します。アクセサリーの中でも一番長い歴史をもっていると言われているほどです。最初は狩猟で手に入れた動物の骨や、海で拾った貝殻を植物製のヒモに通して首にかけていました。その首輪につけることよって、持ち主の身分を証明していたわけです。また、悪霊を遠ざけたり幸運をもたらすという呪術的な意味合いで使われることもありました。ですから、現代のように女性向けの装飾品だったわけではなく、むしろ男性が多く身につけていました。
ネックレスの役割が変わったのは、経済が発展して宝石加工の技術も発展してきてからのことです。華麗なドレスと合わせるのに優れていたことから、貴族の間でネックレスが流行するようになったのです。

ネックレスはプレゼントジュエリーの定番

プレゼントの定番の1つでもあるジュエリーの中でも、ネックレスはサイズが関係しないので人気があります。しかし、ファッションの一部としてジュエリーにも流行があるので、いくら気に入っていても使わなくなってしまったり、品質が良い物だと分かっていても使う機会が無い物も出てくるものですし、プレゼントで貰った物だと、自分の趣味では無い物も珍しくありません。そのようなネックレスなどをただ持っているのでは無く、貴金属買取業者に買い取ってもらう事により、有効に活用する事ができます。品質が良い物なら尚更高額で買い取ってもらえるので、大きなチャンスでもあります。どのようなブランドのジュエリーなのか自分では分からない物でも、貴金属買取業者のプロの目を通せば、どのような価値の物かを知る事ができるので、不要になった物は試しに持っていくと意外な買取価格を提示される事もあるので、気軽に不要な物を現金に換える事ができるのです。

check

2017/2/16 更新